すぐに「被災地の東北に行って来ます」と言って出発し様としたのですが、館長をはじめみんなに止められて「お前が行っても足手まといになるだけだ、お前がいくら力が強くてもクレーンやユンボが無いとガレキはどかせないお前は運転出来ないだろう。それにお前は先々世界の強豪と戦わなければいけない大切な身体だ、二次災害も起きて死者も出ている、行くべきじゃない。自分に出来る事で世の中に貢献すればいい」
たくさんの人が死んでしまっている、孤立して助けを待つ人・・・
東北に友達や知り合いも居るのに・・・
テレビを見ると涙が止まらなくて私は自分の無力さが情け無い
何の為に鍛え貫いて来たのか・・・

いてもたっても居られず、3回募金に行った
今すぐにここで出来る事はこれしかなくて

練習しても考え込んでしまい、いつもの様に無になって動けなくて不調を極め
練習中にまで想い出して泣きだしてしまい
私に出来る事があったら何でもしたい

館長は俺達には格闘技しか無い、格闘技や運動で世の中に貢献すればいいと


被害が少しでも小さくあって下さい、一人でも多く無事で有ります様に
被災地の人頑張って下さい、みんな頑張ろう、頑張れ日本全部